災害時に備えた、ペットのための準備

災害は、ある日突然あなたを襲います。そしてあなただけではなく、あなたのペットも被災者になります。
過去の災害においても、多くのペットたちが犠牲となりました。
命は助かっても、被災した飼い主の生活上の理由から泣く泣くペットを手離さなければならない場合もあります。
そんな悲しいことにならないよう、災害が原因であなたの大切なペットを失うことのないよう、ふだんから物の備えと心づもりをしておきましょう。
大切なペットと、飼い主であるあなた自身のために。

support_disaster_im_01 support_disaster_im_02 support_disaster_im_04

1.普段の暮らしの中での防災対策

災害時にペットを守るためには、まずあなた自身が無事でいることが重要です。そのためには、家具を固定する等地震対策を行う必要がありますが、ペットが普段いる場所にも配慮することでペットの安全にもつながります。また、犬を屋外で飼育している場合は、ブロック塀やガラス窓、倒れやすい建物等、飼育場所の周囲に破損や倒壊するおそれのあるものがないか確認しておくとともに、首輪や鎖が外れたり切れたりして逃げ出すおそれがないか確認しておきましょう。

2.ペットのしつけと健康管理

飼い主がいざペットを連れて避難しようとしても、ペットも突然の災害にパニックになり、いつもと違う行動を取る可能性があります。こうした状況で人とペットが安全に避難するためには、普段からキャリーバック等に入ることを嫌がらないように慣らしておくことや、犬の場合は、「待て」「よし」「おいで」等のしつけを行っておく必要があります。
避難所におけるペットの飼育においては、ケージやキャリーバックに慣らしておくこと、人や動物を怖がったり、むやみに吠えたりしないこと、決められた場所で排泄ができることで、他人への迷惑を防止するとともに、ペット自身のストレスも軽減することができます。
また、避難所や動物救護施設においては、ペットの免疫力が低下したり、他の動物との接触が多くなるため、普段からペットの健康管理に注意し、予防接種やノミなどの外部寄生虫の駆除を行い、ペットの健康、衛生状態を確保しましょう。
さらに、不必要な繁殖を防止するため、不妊・去勢手術を実施しておきましょう。不妊・去勢手術により、性的ストレスの軽減、感染症の防止、無駄吠え等の問題行動の抑制などの効果もあります。

◎災害に備えたしつけと健康管理の例

犬の場合

  • 「待て」「よし」「おいで」「お座り」「伏せ」などの基本的なしつけを行う。
  • ケージ等の中に入ることを嫌がらないように、日頃から慣らしておく。
  • 不必要に吠えないしつけを行う。
  • 人やほかの動物を怖がったり攻撃的にならないように慣らしておく。
  • 決められた場所で排泄ができるようにしておく。
  • 狂犬病予防接種などの各種ワクチン接種を行っておく。
  • 犬フィラリア症など寄生虫の予防、駆除を行っておく。
  • 不妊・去勢手術を行っておく。

猫の場合

  • 首輪と迷子札をつけておく。(猫の首輪はひっかかりを防止するために、力が加わると外れるタイプがよい)
  • マイクロチップを装着しておく。
  • ケージ等の中に入ることを嫌がらないように、日頃から慣らしておく。
  • 人やほかの動物を怖がったり攻撃的にならないように慣らしておく。
  • 決められた場所で排泄ができるようにしておく。
  • 各種ワクチンを接種しておく。
  • 寄生虫の予防、駆除を行っておく。
  • 不妊・去勢手術を行っておく。

3.ペット用の避難用品や備蓄品の確保

避難先においてペットの飼育に必要なものは、基本的には飼い主が用意しておくべきです。避難指示等が出た場合、安全に避難場所まで避難できるようリードやキャリーバック等の避難用品を準備しておく必要があります。
また、ライフラインの被害や緊急避難などに備え、ペットの避難に必要な物資の備蓄を行っておき、避難が必要な場合は一緒に持ち出せるようにしておきましょう。避難所等にペット用の救援物資が届くまでには時間がかかる場合があるので、できれば1週間分は用意しておくとよいでしょう。特に、療法食等の特別食を必要としているペットの場合は、さらに長期間分の用意が必要です。
備蓄品には優先順位を付け、優先度の高いものは避難時にすぐに持ち出せるようにし、人の避難用品とともに保管しておきましょう。

◎ペットを安全に避難させるために必要な避難用品の例

犬の場合

  • 首輪とリード(小型犬はリードを付けた上でキャリーバックに入れるのもよい)

猫の場合

  • キャリーバックやケージ(キャリーバックなどの扉が開かないよう、ガムテープなどで周囲を固定するとよい)

4.災害時の心がまえ

人とペットの安全確保

もし災害が発生した時は、まず自分の身の安全を第一とし、落ち着いて自分とペットの安全を確保しましょう。 突然の災害でペットもパニックになりいつもと違う行動をとることがあるので、ペットを落ち着かせるとともに、逸走やケガなどに気をつけましょう。 その際、リードをつけたり、ケージに入れるなどして、ペットの安全に配慮しましょう。

ペットとの同行避難

避難をする際には、飼い主はペットと一緒に避難する同行避難が原則となります。発災時に外出しているなどペットと離れた場所にいた場合は、自分自身の被災状況、周囲の状況、自宅までの距離、避難指示等を考えて、飼い主自身によりペットを避難させることが可能かどうかの判断が必要となります。
万が一ペットとはぐれた場合には、ペットについての情報や避難時のペットの状況について、自治体の動物担当部署、警察等に届けましょう。また、やむを得ずペットと一緒に避難できず、自宅等に置いてきた場合には、自治体の動物担当部署に相談してください。

◎同行避難する際の準備の例

犬の場合

  • リードを付け、首輪が緩んでいないか確認する。
  • 小型犬はリードをつけた上で、キャリーバッグやケージに入れるのもよい。

猫の場合

  • キャリーバッグやケージに入れる。
  • キャリーバッグなどの扉が開いて逸走しないようにガムテープなどで固定するとよい。

ユニハビタットで揃える防災関連グッズ