第十七回 ベトナム・ハノイ

 BLOGどうぶつ一期一会

旅先で出会う様々な生き物について紹介する「どうぶつ一期一会」、
第十七回は、久々の海外。ベトナムのハノイです。

ハノイは、ベトナムの首都でありながら、少しのどかな街。
初めて訪れたので、有名どころをまわりました。

画像1

ハノイ最古の協会、セントジョセフ教会。
ゴシック様式で荘厳でした。
日曜日に訪れたのでミサが開かれていました。

画像2

ハノイから3~4時間、バスに揺られてハロン湾。
「海の桂林」とも称される、世界遺産です。
島々の間を縫うように船が走り、
どんどんと地形が変わっていくさまは圧巻でした。

画像3

ベトナムといえばバイクですね。昼も夜も本当に多いです。
横断歩道は本当に危険で、何度か本当に轢かれかけました。
信号が機能していないところではもう一歩も動けません。
日本人観光客にはなかなかハードルが高いポイントです。

画像4

皆バイクに乗って移動しているので、
日中歩いているのは観光客かニワトリぐらいです。

・・・ん?ニワトリ?

画像5

なんとベトナムでは今、ペットとして
ニワトリを飼うのが流行っているそうです。

あくまで、ペットとして、です。
決して食用ではない、というところはガイドさんが
強く念押ししていました。観賞用、闘鶏用とのこと。

ちなみに目の届く時には放し飼いで、夜や不在時は
かごの中に入れてしまうのが飼育スタイルの主流だそうです。

そんなわけで、放し飼いされているニワトリ。

画像6

そして時には果敢に道路に飛び出るニワトリ。
轢かれちゃう轢かれちゃう!!飼い主さん止めてよ!!
(一応この後も見届けましたがなんとか無事でした。)

のどかでマイペースなベトナムを象徴するペットトレンドでした。
それではまた次回。


コメント

  • コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。