全面降伏とそのご褒美について

 BLOG気ままわがままワンパク「わんちゃん」!? 徒然日記


こんにちは。
ワンパクわがまま猫なのに名前は「わんちゃん」の飼い主メーです。

寒くなってきて、庭で咲いているのが黄色い花だけに。
春を待つ楽しみとして、チューリップを植えようと思ってます。

DSC_1569
なんだか天使が降りてきそう!
空気が澄んでいて、良い感じです。

さて、「わんちゃん」の過保護状態というのは
言うなれば「世界でたった一人の孫!?」状態なわけです。

見た目は「こんな人間がいたらなぁ」という可愛さですが
(注:メーは堂々とした親バカです。すみません)
「わんちゃん」は人間で言えば約96才(猫齢:20才)。
ガンとして要求を譲らない、ワガママ大魔王です。

DSC_1539
つぶらな瞳で見つめていても

DSC_1578
こんな気持ちよさそうな顔でも
(「わんちゃん」太りました。お腹もぽよんぽよん)

DSC_1575
肉球をマッサージされて目を細めていても

「食う、寝る、トイレ」に関する要求は絶対です。
非常ベルが家中に響き渡るような大きさの鳴き声で
すべて知らせてくれます。

要求が出されれば
乳母と執事(メーの両親です)が
「わんちゃん、どうしたのー?」と
やさしく、甲斐甲斐しくご要望にお応えしているわけです。

最近は乳母にホントになついているようで、
乳母がお昼ごはんを食べていると
「それはなぁに?」とのぞきに来るんだとか。
「わんちゃん、これは食べれないよ―」と言いつつ
酢の物の匂いをかがせて「食べられない」と納得させた後も、
ずっと乳母とイスを分けあって座っているらしいです。
(メーは羨ましいです…)

DSC_1579
大好きな窓際で。
窓を開けてベランダに出る人がいても知らん顔。

要求と甘え。
2つの武器を絶妙なタイミングで使い分けている「わんちゃん」。
メーはじめ乳母も執事も全面降伏(幸福?)であり、
降伏方法が気に入った相手には気まぐれに
イス同乗のご褒美を与える…
「わんちゃん」もしくは猫ってスゴイと思う瞬間です。

メーのご飯中に、
「わんちゃん」が一緒のイスに座りに来てくれるのは、
いつになることやら。
食べ物以外で「わんちゃん」を惹きつける作戦を練る
メーなのでありました。


コメント

  • コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。