2つのウォーターボウルについて

 BLOG気ままわがままワンパク「わんちゃん」!? 徒然日記


こんにちは。
ワンパクわがまま猫なのに名前は「わんちゃん」の飼い主メーです。

「動物一期一会」さんの「京都良かったぁ!」との一言に
「行きたい」気持ちがムクムクと湧き、
メーも週末に京都の南禅寺に行ってきました。

敷地に入るとすぐに句碑がありました。

「この門を入れば涼風おのづから」(杉洞 森永湛堂老師)
句碑の形や手跡の美しさ、苔むした風情が素晴らしい!
木立を渡る風に吹かれながら、思わず時間を忘れるメーでした。

DSC_1483
句碑。線の強弱や余白の取り方、すべてが好みでした。

そしてすぐに有名な山門。

DSC_1486
歌舞伎の『楼門五三桐』で
石川五右衛門が「絶景かな絶景かな……」と語る「南禅寺山門」です。

さて、我が家のお嬢様猫「わんちゃん」は気分に応じて、
ウォーターボウルを使い分けています。

左の水色のものは、昔むかしに「わんちゃん」が兄弟猫たちと
顔を押しあいへしあいして飲んでいた頃から使っているもの。
頭をぐいぐい突っ込んでいくのは「わんちゃん」。
「えっ」と腰が引けたように押されて遠慮するのが
兄弟猫の「ツリタちゃん」。

体の大きさは「ツリタちゃん」8キロと圧倒的に大きいのに、
わずか4.5キロの「わんちゃん」がいつも勝っていました。
「主導権を握るのは、体格じゃなくて性格かも」とメーは思いつつ、
こっそりと「ツリタちゃん、お水はいっぱいあるからね。
待っててくれてありがとう」と褒めるチャンスにしていました。

b画像3
メインのウォーターボウルは水色、ちょっとだけ飲みたい時は
ベージュのものを使用する「わんちゃん」。

そして右側のもの。
こちらは「わんちゃん」の腎臓の調子が良くないと発覚した頃に
獣医さんがおススメしてくれたもの。
入れておくと水の味がまろやかになるようで、
飲んでほしい「わんちゃん」はたまに、
代わりに兄弟猫の「ツーちゃん」が好んで良く使っていました。

まぁ、良く飲んでくれればOKなので、
メーは今でもウォーターボウルを2つ「わんちゃん」に用意するのが日課です。

最近は少し肌寒くなってきたせいか、
ベッドに行くと「掛け布団~」と「わんちゃん」が良く訴えるように
なりました。夏よりも少し体調が良いようで、
食欲も取り戻してて、「わんちゃん」はちょっとふっくらしました。
メーは嬉しいです。

また、「まんまる顔」の「わんちゃん」を楽しみにしていて下さいね~。

DSC_1493
「眠たいのに、なぁに」と不思議顔の「わんちゃん」。
いつ、どんな時も、メーから見れば可愛さ満点です!


コメント

  • コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。